賃貸不動産経営管理士の資格を取りたい!難易度や取得後の給与を大公開!

こんにちは、恋するSrudyライターの野崎です。不動産業界に携わっている方や民泊の経営を考えている方なら、一度は耳にしたことのある「賃貸不動産経営管理士」

不動産に目を向ける消費者が増え、不動産業界の動きは右肩上がりになっています。

今回は、賃貸不動産経営管理士の資格の取り方や、資格取得後の働き方、キャリアにどう活かせるのかなど、賃貸不動産経営管理士についてまとめました。

目次

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、その名の通り、賃貸不動産経営について学んだ専門家です。

国家資格である賃貸不動産経営管理士は、入居者が入居してから退去するまで長期に及ぶ期間、家主だけではなく入居者のトラブル対応や建物の管理について専門的な知識を習得し、みなさんの生活をサポートする知識・能力を兼ね備えています。

賃貸不動産経営管理士は2021年に国家資格化されたこともあり、非常に新しい資格です。

賃貸不動産経営管理士の仕事内容とは?

賃貸不動産経営管理士の資格を取った後は、不動産のエキスパートとして、様々なところで活躍ができます。

賃貸不動産経営管理士の仕事は大きく分けて次の3つに活かされます。

大家さんから管理業務を受託する

まず最初に市場調査をします。

市場調査とは、入居者がいるかその物件のニーズを調べることです。

当然入居者が居なければ賃貸収入が入ってこない訳ですから、立地の調査は必要になります。

大家さんと相談して、その土地にお客様を集めるための提案を経営のプロとして行います。

市場調査は大家さんにとって大切な資産である賃貸住宅の経営・管理をトータルでサポートする大切なお仕事になります。

入居者募集から契約まで

次に行うのが、入居者の募集から契約までのお仕事です。

入居した方が、きちんと家賃を納めてくれるのか、トラブルを起こさないかなど見極めるお仕事です。

ここも専門家の知見が試されます。

大谷さんが気持ちよく経営ができるためにここも手を抜けない大切な業務になります。

賃貸に住んでいる人は経験があると思うのですが「審査」と言われる作業は賃貸不動産経営管理士が行っているケースが多いです。

賃貸住宅の管理

居住者の方たちの快適な住環境をキープするため、共用施設の修繕や法令で義務付けられた様々な点検作業(法定点検)も、賃貸不動産経営管理士の仕事の1つになります。

また、入居者の管理だけでなく、居住者が退去する際の立合いも、賃貸不動産経営管理士の仕事です。

さらにその後の敷金の清算や、原状回復工事の指揮、空室維持管理も仕事に含まれており、市場調査から退去のサポートまで仕事は多岐に渡ります。

賃貸不動産経営管理士の年収は?

では気になる賃貸不動産経営管理士の年収についてみましょう。

賃貸不動産経営管理士の給与は男性が622.4万円、女性が435.6万円前後と日本の平均年収に比べても高いことが数字から伺えます。

また平均で月2万円の資格手当もつくため収入は安定しやすい資格です。

また、賃貸不動産経営管理士の仕事は今社会問題になっている「空き家」を管理物件として活用したり社会全体からも求められている仕事のため、今後の日本の社会において、大きな役割を担う仕事だと言えます。

賃貸不動産経営管理士 資格取得の難易度は?

賃貸不動産経営管理士の合格率は 48.3%

宅建の平均が15.6%のため、難易度としては、そこまで高くない資格と言われています。

しかし、その一方で問題の出題範囲が広いのも賃貸不動産経営管理士の特徴です。

令和2年度から、問題の数が10問増えるなど難易度が年々上がっていっています。

具体的な仕事の内容は、賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項」「賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項」「賃貸借契約に関する事項」など、賃貸に関わる全般が試される資格となっています。

そして、2021年4月国交省令により、賃貸不動産経営管理士はこの業務管理者の要件とされる国家資格となりました。

賃貸不動産経営管理士 資格取得に必要な学習時間は?

賃貸不動産経営管理士試験に合格するのに必要な勉強時間は、100~150時間といわれています。

サラリーマンをされながら勉強される方は平均で2ヶ月、3ヶ月かかると言われています。

また、国家資格に認定されたことによりさらに難易度が上がることも予想されるでしょう。

時間に制限があるサラリーマンの方は独学ではなく、体系立てた講座での学習をオススメします。

賃貸不動産経営管理士 オススメの資格は?

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座

特徴

・スキマ時間を使って効率的に学習ができるので社会人におすすめ

・14,960円(圧倒的な低価格)

・約8時間の短時間で基礎知識をインプット可能

・合格に的を絞ったオリジナルテキスト

・無料セミナーあり

LEC(レック)の賃貸不動産経営管理士講座

LEC(レック)の賃貸不動産経営管理士講座

特徴

・LECベテラン講師陣による講義

・Web動画+スマホ+音声ダウンロードで効率良く学習可能

・スマホで隙間時間に閲覧できるデジタルパンフレット

・ 57,750円(税込)〜※キャンペーン価格適用

TAC(タック)の賃貸不動産経営管理士講座

特徴

・合格だけを狙った戦略的カリキュラム

・合格に必要な量と質にこだわった教材

・学習フォロー制度

・1回の講義が15分なので集中して学習可

・70,000円(税込)〜キャンペーン価格適用

まとめ

空き家の増加、住宅の老朽化が大きな社会的な問題となっています。

建物を長期に渡り適正に維持する必要性が高まっている社会状況を背景に、令和3年から国家資格となった賃貸不動産経営管理士

先行者利益という言葉があるように、近年注目されている新しい国家資格です。

まだ資格を持っている人が少ないからこそ、重宝され、キャリアアップにも繋がります。

試験の合格、心よりお祈りしております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野崎 麻里@恋するstudyライター|意識高い系に憧れるアラサー女子。今年の目標はビジネス書を120冊読むこと。|プライベートでは大の酒好き。マイブームは、氷少なめのモヒート。

目次
閉じる