どの業種業界にも役に立つ!起業におすすめ資格3選!

「起業して自分の力で稼ぎたい!」

「会社員の時とは違うライフスタイルを送りたい」

このような理由から近年起業や独立される方は増えています。

特に働き方の多様化や、終身雇用の崩壊など社会情勢の変化によって、このような動きは加速しております。

そこで今回は、起業をするときにおすすめの資格についてご紹介します。

今回ご紹介する資格は、「起業するときに持っておいて損は無い資格」なので、資格を検討されている方必見ですよ

目次

起業時に資格が役立つ理由

1:社会的信用を得られる

あなたが起業する業界業種にもよりますが、起業するときに「資格」があると有利になるケースが多くあります。

その理由として、企業にお勤めの方であれば、これまで会社のネームバリューや信頼で勝負できていました。

しかし、起業するとあなたが商品となりあなたが看板になります

そこで役に立つのが「資格」。

資格を取得することで社会的信用が増すだけでなく、資格が勝手にあなたの価値を証明してくれます。

学美
名刺にも記載できるし、話題作りにもなりますね!

初めて取引するクライアントにも安心感を与えることができるでしょう。

あわせて読みたい
開業・起業におすすめ!独立しやすい資格とは? 働き方の多様性が認められた昨今、開業や起業をする人が増えています。 45歳定年説がブームになったり、日本政府が民間に起業を盛んに勧めたりしている事から、一般の人...

2:起業後の会社経営のときに役に立つ

二つ目の理由は、起業後の会社経営に役に立つことです。

起業したあとは基本的にあなた一人です。

事業が軌道に乗るまで、経理や法務などご自身でされる方も多いでしょう。

そこでもしあなたが、法的知識や資金繰り、税制や経理処理などに関する資格を持つことができれば、あなたが会社運営をしていく際に適切な選択をすることができ、一石二鳥にもなります。

法律や税に関する知識は、どの業種で起業してもついてくる問題のため知識があることに越したことはありません。

3:資格を通じて仕事に繋げられる

起業するには資格は不要ですが、ある一定の資格を持っていると、そのままダイレクトに仕事に繋げることができます

例えば税理士、公認会計士、ITコンサルタント、中小企業診断士、調理師、薬剤師など専門性の高いスキルを持っている方は資格を極めることで独立も可能です。

あわせて読みたい
【厳選】中小企業診断士の講座オススメ6選!自分に合った講座の決め方は? 中小企業診断士になるために、講座に入って勉強したい。年1回の試験だからこそ合格したいですよね。合格に導いてくれる講座を6つと、選ぶポイントをご紹介。サポート体制の有無・受講期限や割引は?隙間時間に学習できるコンテンツは?など盛りだくさんです。

起業におすすめ!資格3選

ここからは起業するときにおすすめの資格を3つご紹介します。

1:日商簿記検定

日商簿記検定は、簿記検定の中でも最も有名な資格です。

日商簿記を簡単に説明すると、「会社や個人事業のお金のやり取りを記録する方法」です。

起業してビジネスを運営していると、必ずお金のやりとりが発生します。

この時、事業で使ったお金と得たお金の記録を帳簿に記入していきますが、そのための一連のルールを学のが簿記の資格になります。

その業種業界かかわらず、事業で1円でもお金のやりとりが発生すれば自分ごとになる事なので知識があるに越したことはありません。

また、簿記の知識は経営にも役に立ちます。

自分では頑張って経営をしているつもりでも、実際に発生している収益を見てみたら思うように稼げていないということもあり得ます。

そのような時に毎月の帳簿付けによって会社のキャッシュフローをしっかり把握できていれば、早めの軌道修正が可能になるでしょう。

参考までに

・個人事業主・フリーランス→簿記3級

・株式会社・法人→簿記2級

を目指されている方が多いです。

あわせて読みたい
社会人にオススメ!簿記講座8選 社会人が最短最速で簿記を合格するための講座をレベル別に紹介する本記事では、レベル別!簿記試験合格に向けた学習時間や、スタディング・フォーサイト・クレアールなど社会人にオススメ!簿記試験講座8個の特徴をご紹介。

2:ファイナンシャルプランナー

起業して会社を経営するときに、つきまとう問題は資金繰りだけでなく「税金、保険等金銭に関わる問題」もついてきます。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することで、金銭的な面を全般的にフォロするだけでなく、資産運用やリスクマネジメントも行えたり、帳簿や資料も深く理解できたりします

またご家庭にも役に立つので、プライベートでも長期的にみても役に立つ資格と言えるでしょう。

あわせて読みたい
ファイナンシャルプランナー(FP)の給与は?資格取得までの道筋を大公開! ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、結婚や出産、育児、定年などの各イベントに関係して、将来どれくらいの費用がかかるか見通しを立て、対策を立てるスキルを養えます。合格するためのステップ、難易度、勉強時間、給与をまとめました

3:ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定とは、ビジネスに役立つ実践的な法律知識を体系的に習得することを目的とした公的資格です。

社会人として必須といえるビジネスに関わる法律知識やコンプライアンス(法令遵守)能力が問われます。

検定は1級〜3級に分かれており、1級に行くほど何度が上がります。

2級レベルを取得すると、弁護士など外部専門家と同等に相談ができるため、法人や株式会社を設立される方は2級レベルの取得がおすすめです。

1級

・業務上必要な法務知識をビジネス全般にわたって習得

・実務的対応能力としてはアッパーレベルに位置する。

・法務知識に基づき、多面的な観点から高度なビジネス判断・対応ができる。

 

2級

・企業活動の実務経験がある

・知識レベルのアッパーレベルに位置する

・弁護士などの外部専門家に相談するなど一定の対応ができ、質的・量的に法律実務知識を有している

 

3級

・ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識が問われるレベル

・ビジネスパーソンとして業務上理解しておくべき基礎的法律知識を習得

・問題点の発見ができる。

あわせて読みたい
ビジネス実務法務検定試験資格に合格したい!難易度とおすすめ講座3選 ビジ法と呼ばれている、ビジネス実務法務検定試験は営業の現場で書類を交わすときに不備や不利益がないか確認し正しい判断ができることを示す資格。合格した後の仕事内容、難易度、合格率、勉強時間や難易度、給与、そしておすすめ講座を合わせてご紹介

まとめ

今回は、どの業界業種にも共通する起業におすすめの資格についてご紹介しました。

資格はなくても起業はできますが、独立すると組織に属していた時とは異なり、全て自分で行わなければなりません。

また法務や税などアウトソースする時も知識があった方がお願いもしやすくなり、話がスムーズになります。

この記事が資格取得の参考になると幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野崎 麻里@恋するstudyライター|意識高い系に憧れるアラサー女子。今年の目標はビジネス書を120冊読むこと。|プライベートでは大の酒好き。マイブームは、氷少なめのモヒート。

目次
閉じる