【2022年最新版】電気主任技術者の資格取得までの勉強時間や難易度は?

こんにちは、恋するStudyライターの野崎です。事業用電気工作物の保安・監督を生業とする仕事である「電気主任技術者」

2030年には電気主任技術者が2000人以上不足する見通しも発表されています。

その理由の1つに有資格者の高齢化があります。

そのような背景もあり、経済産業省も電気主任技術者を増やすため、オンライン学習制度の検討をするなど力を入れています。

今回の記事では、電気主任技術者の資格の難易度や、資格取得後の働き方の最新情報をお伝えします。

目次

電気主任技術者とは?

電気業界で働かれる方は、聞いたことがあると思うのですが、まだまだ知名度が低い電気主任技術者」

電気主任技術者とは、電気事業法に基づく国家資格です。

具体的には、ビルや工場、発電所、変電所などの電気設備の保安監督業務を行うことができる資格です。

また、電気工事の最高峰の資格でもある電気主任技術者は、電気工事士を監督する立場でもあり社会的評価が高い資格と言えるでしょう。

また、電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられているので、電気主任技術者は全国どこに行っても重宝され食いっぱぐれない資格との言えるでしょう。

電気主任技術者が不足している背景

冒頭でも少し触れましたが、電気主任技術者は大幅に不足すると予測されています。

その一つに、「再生エネルギーの見直し」があります。

地球環境のことを考えるうえでも非常に重要になってくる再エネ設備は、今後も増え続けていくと予想され、電気主任技術者が必要になるフィールドが増えているのです。

また、電気は私たちの暮らしに欠かせないライフラインです。

エネルギーの供給源が変わっても、私たちが地球で暮らす限り、生活に使う電気を保安・監督する電気主任技術者の仕事は常にあり続けます

電気主任技術者の仕事内容

では実際に、電気主任技術者の資格を取得した後の仕事内容をご紹介します。

電気主任技術者の仕事内容は大きく分けて3つあります。

電気設備の点検作業

電気主任技術者のメインの仕事は、電気設備の点検作業になります。

些細な不具合でも、見逃せば重大な事故を招きかねません。

安全に電気を供給するための点検やメンテナンスは、私たちのライフラインを守るためにも重要な作業の一つになります。

電気設備周辺の清掃作業

一見地味に見えますが、電気設備周辺の清掃作業の作業も非常に重要な仕事の一つになります。

なぜなら、電気回路のそばにほこりなどがあると電気配線がショートを起こし、電気設備が故障する可能性があります。

そうならないために、虫の目で衛生環境を保つことが大切です。

小さなことが大きな事故につながります。

電気設備の故障対応

3つ目は、電気設備の故障対応です。

電気設備に不具合や故障が見つかった場合、原因を突き止めてどのような工事が必要なのかの判断をします。

この指示が的確でないと、ライフラインに影響を与えるので、責任重大な業務の一つです。

また、修繕当日は監督者として立ち会いが必須になります。

電気主任技術者の資格を取得するメリットや気になる給与は?

電気主任技術者の働きがいとは、なんといっても、一生働くことができる仕事です。

人材が不足していることから、仕事がなくなったという危機に見舞われることはないでしょう。

また、なんといっても監督という立場なので、汗水垂らして現場で作業することは少ないです。

なので体力も必要ありません。

自分が望む年齢まで働き続けることができる切符を手にすることができます。

電気主任技術者の給与とは?

電気主任技術者の資格を取得すると、年収はいくらになるのは気になりますよね。

電気主任技術者の給与は、経験や地域にもよりますが500万円〜600万円と言われています。

難易度が高く、人材も不足されていることにより重宝されている資格なので世の中の平均よりも高くなっています。

また何といっても将来安泰で、全国どこにいってもお金を稼げるスキルという安心感が大きいのも特徴です。

電気主任技術者資格の難易度は?

電気主任技術者資格取得の合格率は平均10%以下と言われている難易度の高い資格です。

人材が不足する理由の一つに、難易度が高いことがあげられます。

合格までに必要な学習時間は、なんと1,000時間〜1,500時間

「理論」・「電力」・「機械」・「法規」が試され、独学では合格はほぼ不可能と言われている難関の資格です。

初心者の方は合格まで最低でも3年間かかる資格です。

電気主任技術者の資格取得にオススメの講座

たのまなの電気主任技術者受験講座

たのまなの電気主任技術者受験講座

たのまなの特徴

・一括払い 33,000円(税込)

・得意分野を見極め、計画的に学習

・過去問題を分析した重要ポイントで出題傾向を把握

・効率的な学習を行うためにテキストも充実

・添削指導有 計6回

・サポート期間12ヶ月/標準学習期間は6ヶ月

TAC(タック)の電気主任技術者コース

TAC(タック)の電気主任技術者コース

TACの特徴

・綿密な試験分析による情報量と知識豊富なTAC講師陣は親しみやすく、とにかく「分かりやすい」

・無理なく無駄なくレベルに合わせた効率的なカリキュラム

・コンパクト講義と段階的アウトプットで短期攻略

・本試験までに4科目を駆け抜けるカリキュラム

・¥132,000円(税込)入会金10,000円

まとめ

独占業務でもあり、資格を取れば初心者や高齢でも就労できる電気主任技術者

試験の合格率は10%と低いものの、狭き門を潜り抜けた先には、一生仕事に困らないパスポートという名の資格を手にすることができます。

社会に貢献できる満足感をたっぷりと味わえるでしょう。

今が狙い目の時代の中で最も重要視されている資格です。

あなたの合格を応援しております。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野崎 麻里@恋するstudyライター|意識高い系に憧れるアラサー女子。今年の目標はビジネス書を120冊読むこと。|プライベートでは大の酒好き。マイブームは、氷少なめのモヒート。

目次
閉じる