介護事務の資格を取るならユーキャン!仕事内容や難易度をまとめました

福祉業界に興味のある方に人気のある「介護事務」のお仕事。

介護保険と介護に関する事務の専門家として、全国どこでも働けるとだけあり、女性の方を中心に注目を集めているお仕事です。

通常の事務と異なるのが、介護保険に関する知識が問われること。

この記事では介護事務の資格や、資格取得後のお仕事内容、介護事務資格の難易度、合格率、勉強時間についてまとめました。

介護職や介護スキルに関する興味や関心がある方必見です。

目次

介護事務の仕事内容とは?

介護事務の仕事内容を一言で言うと、介護保険などに関する知識を活かして事務業務や管理業務を行い、介護職をサポートする仕事です。

つまり、介護保険と介護に関する事務の専門家です。

受付や窓口業務

介護施設に出入りされる利用者様の受付やご家族との対応や窓口業務を行います。

利用者様と初めて接するのが介護事務なので、丁寧な対応ができるかによって施設の印象が大きく異なってきます。

言い換えるならば、施設の顔になります。

ここで入居率も異なってきて経営にもつながってくるで、大切な業務のひとつとなります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)のサポート業務

施設で働くケアマネージャーのサポート業務も欠かせません。

利用者からの介護相談への対応を受けたケアマネージャーと連携をとって介護給付費用の管理や介護認定などに必要な書類やケアプランの書類の作成を行います。

業務を円滑に進めるために職員同士のコミュニケーションも欠かせません。

介護報酬請求業務(レセプト作成)

介護サービスの利用料の9割は市町村が負担をするシステムとなっています。

ですので、利用者が収める金額は総額の1割。

その9割を市町村に請求する業務をレセプトと呼びます。

レセプトこそが、施設の主な収入になります。

扱う金額も大きくなるのでレセプトに記入漏れや算定ミスなどがあると、返戻(差し戻し)されることもあります。

そのため、介護保険などの専門知識をもとに、正確に作成する必要があります。

レセプトは月末締めで翌月10日までに自治体に提出する必要があるため、書類の提出期限の厳守が求められます。

事業所の経営に関する大切な業務なので、スケジュール感覚も求められます。

経理業務・総務・人事業務

介護事務のお仕事はケアマネージャーのサポート業務だけでなく、予算管理や事業所の売上の管理、事業所のスタッフの給与計算まで行います。

さらに職員のリクルートや、労務備品の管理などバックオフィス全体のサポートをする必要があります。

パソコンの知識はもちろん、大きな金額を扱うので、数字に苦手意識のない方が活躍できます。

介護事務の給与

厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、事務職員の平均給与額は30万7170円といわれています。

平成29年から平成30年にかけて約7000円増えていることもあり、介護業界は人材定着のために待遇面を強化しているところが多く、今後も給料アップが期待できる職種ともいわれています。

また、事業所によっては「ケアクラーク」や「介護事務管理士」、「介護事務実務士」の資格を併用して取得することで、資格手当が加算される場合もあります。

さらに役職手当を設けている事業所も多いので、基本給の底上げが期待できるでしょう。

介護事務になるメリット

プライベートが確保しやすい

介護の仕事と聞くと夜勤やシフト制で生活リズムが不規則になるイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、介護事務の場合は日中の時間が決まっているため、プライベートが確保しやすいのが特徴です。

レセプトの時期は繁忙になりますが、比較的ワーク・ライフ・バランスが整えやすいことがメリットとして挙げられます。

さらに、今需要が高まっている業種でもあるため、今後さらに労働環境の改善が見込まれるでしょう。

デスクワークのため、身体的負担が少ない

介護事務の大半はデスクワーク。

ですので、介護業界の中でも身体的負担が少ないお仕事です。

介護や福祉に興味があるけど重労働、と思っている方には最適な仕事ではないでしょうか。

さらに接客・労務管理・経営まで、幅広い業務に携われるので非常にやりがいのあるお仕事ともいえます。

介護事務になるには

介護事務になるためには、パソコンスキル以外にも、介護保険制度の知識が必要です。

介護保険制度は3年ごとに見直しが行われているため、常に最新の情報をチェックすることが求められます。

また、資格がなくても就職はできますが、即戦力として転職をするのであれば、介護事務の資格を取得することをおすすめいたします。

介護事務資格の難易度と勉強時間

合格率 67%
資格取得までに必要な勉強時間 30〜50時間
計算問題

介護事務オススメの講座はユーキャン

介護事務の試験は、福祉系資格の中では珍しく、受験資格は一切不要な資格ですが、きちんと対策を立ててから試験に臨むことをおすすめします。

数ある教材の中で圧倒的におすすめなのがユーキャン

介護事務オススメの講座はユーキャン

ユーキャンの特徴

・必要な知識だけを無駄なく学習

・知識ゼロからでも実務に必要な知識・スキルがやさしく身に付く

・在宅受験可(テキストを見ながらでもOK)

・添削あり3回(修了課題1回含む)

・質問あり(1日3問までとさせていただきます)

・標準学習期間:3ヵ月(受講開始から6ヵ月まで指導します)

・一括払い39,000円

まとめ

高齢化など時代背景もあり、需要が高まっている介護業界

ケアマネージャーや職員を支える縁の下の力持ちとして欠かせない存在の介護事務。

レセプトなど扱う金額も大きいので非常にやりがいもあります。

利用者、ケアマネージャーから感謝されるお仕事です。

あなたの介護事務の資格取得を応援しております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野崎 麻里@恋するstudyライター|意識高い系に憧れるアラサー女子。今年の目標はビジネス書を120冊読むこと。|プライベートでは大の酒好き。マイブームは、氷少なめのモヒート。

目次
閉じる