高校受験のための塾はいつから入るべき?おすすめの入塾時期を紹介!

高校受験のための塾はいつから入るべきか

「高校受験のための塾にはいつから入るべきなのか」

と悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

また、

「みんな塾には行っているけど、高校受験前の塾って本当に必要なの?」

という疑問を抱えている方もいるはずです。

そこでこの記事では、高校受験前は塾に入るべきなのかいつから塾に入るのがベストなのかということについて、詳しく解説していきます。

目次

高校受験前は絶対に塾に入らなきゃいけない?

高校受験前の塾については、必須ではありません。

自宅でしっかりと学習を行い、志望校に受かるための対策ができるのであれば、塾に入る必要はないと言えるでしょう。

ただ、勉強をしていると、

・わからないこと
・どうやってもクリアできない課題

などが見つかります。

塾に入っておけば、このような疑問や課題が出てきた場合でも、すぐに解決して次のステップに移行できるようになるのです。

一人での学習に少しでも不安がある方は、塾に入った方が良いでしょう。

あわせて読みたい
高校受験前は塾に入るべき?正しい塾の選び方を徹底解説! 進路を決める高校受験。志望校に受かるために塾に入った方がいいの?と悩む親御さんも多いと思います。今回の記事では塾に入るメリットや選び方のポイント、絶対に押さえておきたい注意点について明かしていきます。

高校受験のための塾にはいつから入るべき?

では次に、高校受験のための塾にはいつから入るべきなのかということについて、詳しく解説していきます。

中学1年生

志望校が早い段階で決まっていて、勉強の意欲がある場合は、中学1年生から入塾することがおすすめです。

中学の3年間というのは、意外とあっという間に終わってしまいますので、早い段階から受験対策を行っておくことによって、余裕をもって受験に臨めるようになります。

ただし、中学1年生の時期は、生活環境やリズムがガラッと変わる時期になりますので、ある程度落ち着いた段階で入塾を検討すると良いでしょう。

中学2年生

中学2年生になると、自分の学習状況を把握できるようになったり、志望校がある程度はっきりしてきたりします。

このタイミングで入塾することによって、後れを挽回できたり、志望校に合わせた学習を行えるようになるのです。

ただ、中学2年生のタイミングは、部活動の主力メンバーになったり、学校内の活動の主体メンバーになったりすることもありますので、学校生活と学習の両立を意識していかなければなりません。

学校の先生や親などとしっかりと話し合った上で、入塾タイミングを決めていきましょう。

中学3年生

中学3年生になると、本格的に受験モードになります。

このタイミングで入塾することによって、最後の仕上げが行えるようになりますし、費用を抑えることも可能です。

ただし、受験まで1年を切っているタイミングとなりますので、場合によっては学習が追い付かなくなってしまうケースもあります。

志望校が決まったタイミング

中学〇年生を基準にするのではなく、志望校が決まったタイミングで入塾するというのもおすすめです。

志望校が決まっていないタイミングで塾には行っても、何のために勉強をするのかわからなくなってしまうため、モチベーションを維持しにくくなるのです。

志望校が決まり、目的がはっきりすれば、その目的を達成するために勉強を開始できるようになりますので、モチベーションを維持しながら効率よく知識を吸収できるようになるでしょう。

勉強がおろそかになってきたタイミング

勉強がおろそかになってきたタイミングで入塾するというのも1つの方法です。

先ほども解説したように、中学生になると様々な状況が変化しますので、勉強だけに時間をさけなくなるケースもあります。

このようなタイミングで入塾することによって、

・授業に追いつけない
・成績が伸びない

というような状態を回避しやすくなるのです。

入塾タイミングを考える時の注意点

では最後に、入塾タイミングを考える時の注意点について、詳しく解説していきます。

できるだけ早い段階から準備をしておく

高校受験のために塾に入る場合は、できるだけ早い段階で準備しておくことが大切です。

ギリギリになって塾に入るということもできますが、スケジュールがきつきつになってしまうこともあり、場合によっては対策不足に陥ってしまうケースもあります。

このようなことを避けるためにも、志望校が決まり、

「もっと効率よく勉強したい」

「もっと成績を上げたい」

と考え始めた段階で、親や学校の先生に相談しながら入塾を検討していきましょう。

塾に入ったからと言って合格できるわけではない

勘違いをしてしまっている方も多いのですが、塾に入ったからと言って志望校に合格できるとは限りません

本人のやる気がなければ成績も向上しませんし、学習効率も上がっていかないでしょう。

高校受験を控えている方は、塾に入ることを目的にするのではなく、塾を活用して高校に受かることを目標に勉強を進めていくことが大切です。

まとめ

高校受験のための塾は、いつから入っても問題ありません。

ただ、あまりにもギリギリになってしまうと、対策が追い付かないケースがありますので、志望校がはっきりした段階で入塾の準備を進めていくことがおすすめです。

とはいえ、入塾には手続きが必要ですし、高額な費用も掛かってきますので、家族としっかりと相談したうえで決めていくようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【編集部代表】中村智彦。CxOマーケティング合同会社代表。大手、ベンチャー、通販、プロモーション企業の取締役を経て独立。デジタルメディア、集客支援、プロモーション事業を手掛ける。全日本SEO協会PPC広告コンサルタント。好きな食べ物は、すあま。

目次
閉じる