プログラミング学習って本当に必要?メリットやデメリットを解説!

プログラミング学習のメリットやデメリット

2020年度から小学校のプログラミング教育が必修化され、プログラミング学習の注目度や認知度も高まってきました。

プログラミングは、IT化が進んでいる昨今において注目を集めている技術の1つです。

この記事を見ている方の中にも、プログラミング学習に興味を持っている方がたくさんいるでしょう。

突然ですがプログラミングと聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

学美
パソコン苦手だから無理….

学男
うーん、何だか難しそう

学美
プログラミング学習って本当に必要なの?

学男
高レベルで難しい言葉の知識とパソコンのスキルが必要になりそう!

そのような印象をお持ちの方も少なくはないと思います。

でもその一方で、プログラミングを学ぶと人生が激変するくらい、メリットがあるってご存知でしたか?

もしあなたが、「今よりも多く稼ぎたい!」「好きな人とだけ仕事したい」「手に職つけて家族を幸せにしたい」と思ったらプログラミングはあなたの夢を叶えてくれるスキルになるでしょう。

そこでこの記事では、プログラミングの学習が必要な理由をお伝えします。

更に、その必要性の判断材料となる、プログラミング学習に挑戦するメリットやデメリットキャリアアップ事例や学習時の注意点について詳しく解説していきます。

目次

プログラミング学習に挑戦するメリットは?

では早速、プログラミング学習に挑戦するメリットについて、詳しく見ていきましょう。

1:プログラミング学習のメリット:問題解決能力が身につく

プログラミングを学ぶ事で、問題解決力を身につける事ができます。

社会人になると求められる能力のひとつに、問題解決力があります。ビジネスの本質は問題解決なので、問題解決力がある人に人が集まり、必然的に出世します。

この問題解決力ですが、残念なことに義務教育では面と向かって教えてくれないのが現状…。

学男
確かに教わったことないな。社会人になってから問題解決って言葉はよく聞くけど。

そこで、役に立つのがプログラミング

「えっ!?プログラミングと関係あるの?」とそう思うかも知れませんが、プログラムは少しでもミスがあるとバクが発生し、全く動かなくなったりします。

その時に「じゃあどうやったら動くのかな?」と考える過程こそが、論理的思考や問題解決力を身につける事ができる理由です。

2:プログラミング学習のメリット:人間関係に悩まされない

突然ですが、私たちの幸福度の60%を占めているものってご存じですか?

それは「人間関係」

一説によると、人間関係6割、健康2割、経済2割が私たちの「幸せ」と言う感情を作っていると言われています。

そして、プログラミングを学ぶ事で、会社に頼らなくても自分で稼ぐ力を身につけ、起業することができれば、煩わしい人間関係のストレスから解放されるでしょう。

学男
プログラミングのスキルがあれば、働きやすくなるし、自分の可能性がどんどん広がりますね。

自分で稼ぐ力を身につける事は、人間関係も自分で選ぶことができるのです。

3:プログラミング学習のメリット:転職に有利になる

転職で有利になる

プログラミングは、様々な業界で注目されている技術であり、高いスキルと知識を身に付けることができれば、転職で有利になります。

中には、

「有利になるのはIT系企業への転職だけでしょ?」

と考える方もいると思いますが、IT企業以外にもプログラマーやエンジニアを探している企業はたくさんありますので、仕事の選択肢を増やしたいと考えている方は、是非プログラミング学習に挑戦してみてください。

4:プログラミング学習のメリット:将来の選択肢が増える

将来の選択肢が増える

プログラミング学習を行うことにより、将来の選択肢を増やせるようになります。

先ほども解説したように、希望する職種への転職も有利になりますし、本業の合間に副業を行うこともできます。

また、自分でIT企業を設立したり、フリーランスとして活動したりすることも可能になるのです。

5:プログラミングを学ぶメリット:収入アップに繋がる

収入アップにつながる

ズバリ、プログラミングは稼げる仕事です。

なぜなら、私たちが日頃見ているwebサイト、スマホのアプリ、任天堂Switchなどのゲーム、通販サイト、決済システムなど、暮らしのありとあらゆるところでプログラミングが使用されています。

今まで店舗だけだったお店がオンライン通販を始めたように、オンラインの需要の拡大に伴い、プログラマーのニーズも増え、IT人材は2030年には最大で79万人不足すると経済産業省が発表しおり、国としてもIT人材の育成は急務となっているのです。

需要に対してプログラマーの数が追いついていないので、プログラミングができるだけで重宝されます。加えて専門性の高いお仕事なので報酬も高く設定されています。

プログラマの平均年収は438万円。あくまで平均なのでスキルによっては1000万円も狙う事ができるでしょう。

このような理由からプログラミング学習を行うことによって、収入アップに繋げられますのです。

転職をして年収を大幅アップさせることもできますし、個人で案件を受注できるようになれば、安定した副収入を得られるようになるでしょう。

クラウドソーシングサイトなどを見てみると、1件当たり10万円を超える案件も多数掲載されているため、興味がある方は今すぐプログラミング学習を始めてみてください。

6:プログラミングを学ぶメリット:時間や場所に縛られず働ける

プログラマやエンジニアの仕事はパソコンが1台あれば、時間や場所にとらわれる事なく働けます。ご自宅はもちろん、カフェや旅行先など場所を問わずに仕事が可能。

エンジニアの報酬は、比較的高めなので、生活コストの低い地方で仕事をしたら、金銭的にも余裕が出るでしょう。

長時間パソコンを見る仕事なので緑豊かな地方に移住して、自然の中で思いっきりリフレッシュするのも気分転換になるものです。

場所を変えて仕事をすることは生産性の向上にもつながるという研究結果も出ているので、ストレスなく働けるメリットもあります。

7:プログラミングを学ぶメリット:グローバル人材になれる

プログラミングと聞いて暗号みたいなアルファベットをイメージされる方も多いと思います。実はあの呪文みたいな言語は、日本だけでなく全世界共通で利用されています。

そのため、プログラミングを学ぶことで活躍の場は世界規模に広がり、グローバル社会と繋がりやすくなるでしょう。

プログラミングを学ぶことでこれからの時代の先端を行く市場価値の高い人材になれるのです。

プログラミング学習に挑戦するデメリットは?

では次に、プログラミング学習に挑戦するデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

すぐに習得できる技術ではない

プログラミングスキルを習得するためには、多くの時間を費やす必要があります。

中には、

「すぐに知識とスキルを身に付けて、仕事に活かしたい」

と考えている方もいますが、一人前のプログラマーになるまでには年単位の時間がかかりますので、覚悟を決めたうえで学習を始めていかなければなりません。

ただ、習得難易度が高い技術や、習得に時間がかかる技術というのは、それだけ希少性があるということですので、報酬単価も高くなります。

「人とは違う技術を身に着けたい」

「ライバルと差別化を図りたい」

そう考えている方は、是非プログラミング学習に挑戦してみてください。

挫折する人も多い

先ほども解説したように、プログラミング学習には時間がかかります。

中には、

「すぐに習得できるでしょ」

「意外と簡単だと思う」

と舐めてかかってしまう方もいるのですが、このような考えで挑戦すると挫折する可能性が高くなりますので注意が必要です。

お金がかかる

プログラミング学習には、比較的高額な費用がかかります。

本格的に学習をしていきたい場合や、ビジネスに繋がる知識やスキルを効率的に勉強していきたいと考えている場合は、スクールを活用することになると思いますが、プログラミングスクールには数十万円単位の費用がかかってくるのです。

こう聞くと、

「そんなお金払えない」

と考えてしまう方もいると思いますが、スクールで効率よく正しい知識とスキルを身に付けることができれば、転職や副業なども始めやすくなり、結果として収入アップにも繋がっていくでしょう。

プログラミングスクールの費用は、消費や浪費ではなく「投資」になりますので、プログラミングを活かしてビジネスを行って行きたいと考えている方は、思い切って挑戦してみることをおすすめします。

プログラミング学習を始める際の注意点

では次に、プログラミング学習を始める際の注意点について、詳しく解説していきます。

学ぶ言語を決める

プログラミング言語には、200を超える種類があります。

それぞれの言語でできることや特徴、習得難易度が異なりますので、まずは学習する言語を決めることから始めなければなりません。

この時に、プログラミング学習を行う目的が決まっていないと、

「どの言語を選べばいいかわからない」

という状態になってしまうのです。

プログラミング言語の正しい選び方について気になっている方は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
プログラミング言語には種類がある?初心者におすすめの言語はどれ? プログラミングの初心者には言語が多すぎて、どの言語から学習すればいいかわからないと考えられている方もいるでしょう。今回は200種類を超える言語の中から初心者におすすめ9つの特徴と選び方を大公開します。

勉強方法の種類を知る

プログラミングは、独学でも学習することができますし、スクールに通って学習することも可能です。

独学で学習を始めることによって、費用をかけずに、自分のペースで学習を行えるようになります。

ただ、指導者がいませんので、間違った情報を身に付けてしまったり、モチベーションが低下してしまったりというリスクが高くなります。

一方、スクールで学習する場合は、高額な費用がかかってきます。

先ほども解説したように、数十万円単位の費用が発生してくることも多いです。

ただ、スクールに通うことによって、現役のエンジニアなどから指導を受けられるようになりますので、効率的に学習を進められるようになるのです。

スクールの中には、

・転職サポート
・案件紹介

などを行っている所もありますので、ビジネスに繋げたいと考えている方には一石二鳥と言えます。

プログラミングに触れたことがない方や、効率よく知識とスキルを吸収したいと考えている方は、スクールに通った方が良いでしょう。

あわせて読みたい
プログラミング初心者におすすめの勉強法は?勉強時の注意点も紹介! プログラミング初心者が勉強する時におすすめの勉強法が、書籍・無料学習サイト・スクール・アプリ・自分でプログラムを組む・ブログです。その一方で見逃してはいけない注意点も3つあります。マインドの話もしているので必見です。

プログラミングを習得した後のキャリア事例

では最後に、プログラミングを習得した後のキャリア事例について詳しく解説していきます。

「スキル習得後の未来をイメージできない」

という方は、是非参考にしてみてください。

エンジニアに転職して年収アップ

プログラミングスキルを習得した後、エンジニアに転職をする方も多いです。

エンジニアに転職をすることができれば、大幅年収アップに期待できますし、自由な働き方を実現できる可能性も高くなります。

転職を前提としてプログラミング学習を行う場合は、「転職支援」があるスクールを選んで学習を始めていきましょう。

プログラミング副業に挑戦して年収アップ

プログラミングスキルを習得することができれば、副業に挑戦できるようになります。

先ほども解説したように、プログラミング案件は比較的単価が高く、1件当たり10万円を超える仕事もたくさんあるのです。

中には、プログラミング副業で本業と同等、あるいはそれ以上の報酬を稼ぎ出している方もいますので、会社に依存したくないと考えている方はプログラミング学習を始めてみてください。

プログラマーとして起業

プログラミングスキルを習得し、ある程度副業で稼げるようになると、起業や独立を視野に入れられるようになります。

起業や独立と聞くと、

・事務所を構える
・社員を雇う

というようなイメージを持ってしまうかもしれませんが、自分一人で起業することも可能です。

プログラミングは、自分の腕とパソコンさえあれば行える仕事ですので、事務所なども最初のうちは必要ないでしょう。

プログラミングスキルを身に付けることができれば、起業や独立のハードルも一気に下がりますので、起業願望がある方は挑戦してみてください。

まとめ

全世界で注目されているプログラミング。習得が難しそう、費用がかかりそう、というイメージもあると思います。

もちろん、簡単に習得することはできませんし、必ずしも収入アップや仕事に繋がるとも限りません。

ただ、スキルをマスターすれば、あなたの活躍の幅もグンと広がるでしょう。さらにスキルだけでなく、世の中の物の動きが分かったり、新しい人脈ができるなど、プログラミングを学ぶ経験は、あなたの人生を豊かにします。

例えば、プログラミングを通じて、今よりも稼げて、自分の好きな場所で好きな時間に仕事ができたら、大切な人と過ごす時間も増えて、気兼ねなく外食やショッピングができて、あなたも周りの人も幸せになれると思いませんか?

最近では、プログラミング習得の為の国からの助成金や、マンツーマン指導、無料トライアルなどあるので、まずは一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【編集部代表】中村智彦。CxOマーケティング合同会社代表。大手、ベンチャー、通販、プロモーション企業の取締役を経て独立。デジタルメディア、集客支援、プロモーション事業を手掛ける。全日本SEO協会PPC広告コンサルタント。好きな食べ物は、すあま。

目次
閉じる