女性のキャリア形成に役立つ資格をジャンル別に紹介

こんにちは、恋するStudyライターの野崎です。ライフスタイルの変化が大きい女性。

結婚出産、介護などライフステージによって働き方をシフトされる方も多いのではないでしょうか。

新たに転職活動をしたり、社会復帰するときに役に立つのが資格

今回は、女性に人気!これからのキャリアに役立つ資格についてご紹介します。

目次

女性こそ資格の取得をオススメする理由

キャリア形成が有利になる

女性は長い人生のなかで、結婚や出産などで働き方を考えるタイミングが多くあります。

ライフイベントを機会に退職をしたり、旦那さんの転勤で離職しざるを得ないなど、ライフスタイルの変化で職場が変わってしまうことが多々あると思います。

最近はリモートワークが普及しているものの、資格を持っていることでこれからのキャリア形成が有利になるでしょう。

老後に備えて収入の柱ができる

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、男女ともに一番賃金が高くなるのは50~54歳ですが、女性の賃金は男性の約65%となっています。

年金問題も叫ばれておりますが、自分で稼ぐ力を身につけることで収入の柱ができ、漠然とした老後の不安も削減されるのではないでしょうか。

いつまでも若々しく過ごせる

「楽しそうに働く女性は輝いている」そんな風に感じたことはありませんか?

ご自身の興味関心のある分野の資格を取得して、それを活かすことで「最近、キラキラしてるね」と、周りから言われるかもしれません。

資格を活かした仕事をすることで社会と繋がることができ、家族にも応援してもらえ、あなたらしく我慢しない毎日を過ごせるのではないでしょうか

女性に人気の資格(医療系)

医療事務

医療関連機関での受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成などをする医療事務。

全国どこの病院でも働くことができるので、旦那さんの転勤があっても安心。

また、正社員・パート・アルバイトなど雇用形態も選ぶことができるので、ライフスタイルにあった柔軟な働き方ができるのが特徴。

また、景気に左右されないので収入も安定しているのが特徴です。

あわせて読みたい
医療事務の資格って必要?難易度や仕事内容、給料、おすすめの講座! 女性の方を中心に注目が集まっているのが医療事務。仕事内容は診察の受付・会計・診療報酬請求の3種類。この記事を読むことで、資格の難易度・おすすめの講座・合格した後の詳しい仕事内容や給与が一気にわかります。

調剤薬局事務

調剤薬局事務とは、調剤薬局で患者さまから処方箋をお預かりする受付やお薬をお渡しした後の会計。

月に一度のレセプト作成などを行う事務スタッフです。

コンビニよりも多くある調剤薬局。医療事務と同様全国どこでも働けるのがポイントです。

なので、家の近くで働きたい方や、育児や家事の合間に働きたいという方におすすめです。

あわせて読みたい
調剤薬局事務の仕事をしたい!勉強時間や難易度を大公開 調剤薬局やドラッグストアで受付や会計を行う「調剤薬局事務」の仕事は、全国どこでも働けるだけでなく結婚や出産後も復職しやすいと、女性の方に人気。この記事を読むことで仕事内容、必要学習時間、給与、おすすめの講座がわかります。

登録販売者

販売登録者とは、2009年の改正薬事法(現在の薬機法)の施行により誕生した一般用医薬品(市販薬)の販売に必要な専門資格です。

全国のドラックストアや薬局に勤務できます。

また最近では、コンビニや家電量販店でも医薬品の取り扱いを始めたところもあるので働き口はさらに多岐にわたるでしょう。

また、早朝の数時間、子供が学校に行ってる時など時間に融通が効くのも登録販売者の良いところです。

薬剤師と違い、学歴に左右されないので比較的取得しやすい資格として女性から注目を集めています

あわせて読みたい
登録販売者になるには資格は必要?必要勉強時間や、資格取得後の給与まとめ 登録販売者とはドラッグストアや家電量販店、スーパーの薬売り場などで、薬の成分をお客様に分かりやすく伝えるお仕事。勤務先はドラックストア・調剤薬局・ホームセンターやコンビニ・と様々。資格取得までの必要勉強時間や難易度給与・講座を紹介

女性に人気の資格(デスクワーク・営業系)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS)とは、エクセルやパワーポイントなどPCスキルを証明する資格です。

多くの会社でPCを使うのが当たり前になっている今、そのスキルを客観的に証明することができるMOSは男性だけでなく女性にも人気の資格です。

オフィスワークをされる方であれば、業務効率が上がり、残業が無くなったり、他部署の人からも頼られるようになります。

また、個人で情報発信をするときも非常に役に立つスキルです。

あわせて読みたい
【2022年最新版】MOS資格取得。勉強方法からキャリアまで大公開! スキルアップや業務改善のために、MOSの国家資格を取得される方が増えています。取得すると金融業界・人材サービス・広告代理店や営業会社などでも大活躍。本記事では合格率と資格取得までの時間と合格に導く講座をご紹介

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーとは、税金・保険・年金など、「お金」についてのエキスパートであることを証明する資格です。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリットとして、

最適な家計管理ができるようになる

相続など突然のことにも対応できるようになる

資産運用もできるようになる

独立しやすく全国どこでも仕事ができる

など、女性にとってさまざまなメリットがあります。

数ある国家資格の中でも女性の割合が多い資格の一つです。

あわせて読みたい
ファイナンシャルプランナー(FP)の給与は?資格取得までの道筋を大公開! ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、結婚や出産、育児、定年などの各イベントに関係して、将来どれくらいの費用がかかるか見通しを立て、対策を立てるスキルを養えます。合格するためのステップ、難易度、勉強時間、給与をまとめました

介護事務

介護事務とは、ケアマネージャーさんのサポートをするお仕事です。

デスクワーク中心なので体力的な負担も少なく、年齢にかかわらず長く安定して働けるのも魅力の一つ。

受験資格に制限はないので、未経験から介護関係の仕事を目指す方にもおすすめです。

需要が増えている業界のため、今後働き口もさらに増えていくでしょう。

女性に人気の資格(コーディネーター)

カラーコーディネーター

色彩の専門家であるカラーコーディネーター。

数ある色の中から微妙な色の違いを見極めて、効果的に色をコーディネートできるスキルのことを指します。

ファッション業界や美容業界、インテリア業界、WEB業界、ブライダル業界など、さまざまなシーンで活躍できるスキルです。

さらにそれだけでなく、ご自身のファッションやメイクにも活かせるので常に綺麗なあなたでいることができます。

あわせて読みたい
カラーコーディネーターの資格を取りたい!仕事内容や難易度は? ファッション、美容、インテリア、食品などさまざまなジャンルで活躍できる「カラーコーディネーター」。合格率は、3級で74.9%、2級で67.4%、1級で42.9%と言われており、おすすめの講座は資格の大原。たのまな(色彩検定)です。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、お客様の要望を受けて、インテリアの提案やコーディネートをする仕事です。

接客の機会も多く、人と接することが好きな人が向いているため女性で活躍している方が多くいらっしゃいます

資格を取得することで流行に敏感になったり、ご自宅のお部屋のインテリアに活かすことができるので、ご家族にも快適な空間を提供することができるでしょう。

薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーターとは、「薬膳」に対する知識を深め、家庭、地域、職場で健康な体作りに貢献できる資格です。

肌あれ、肩こり、だるい、イライラするなど身体の不調を治し健康な身体作りを促すことができます。

介護・医療の現場、飲食業界で役に立つだけでなく、大切なご家族の健康を守ることにもつながります。

まとめ

ライフスタイルの変化が大きい女性。

やむを得ぬ事情で会社を休職したり、転職する可能性も高いでしょう。

資格はあなたのキャリアの選択肢を広げるだけでなく、家族や大切な方を守る武器にもなります

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野崎 麻里@恋するstudyライター|意識高い系に憧れるアラサー女子。今年の目標はビジネス書を120冊読むこと。|プライベートでは大の酒好き。マイブームは、氷少なめのモヒート。

目次
閉じる